~ただいま改装中です。一部記事が見にくくなっています、ご了承ください。~

【3COINS】スリコのBluetoothイヤホンが神だった

 

 
るうさん
こんばんは、るうさんです。

 

2020年春に登場した3COINS(スリーコインス)のBluetoothワイヤレスイヤホンを遅ればせながら購入してみました。

話題になっていたのは知っていて、また、品切れ続出のニュースもよく聞いていたので、まあすぐ欲しいわけでもないし…と1年近く経ってしまいました。

 

今回、「スリコ」と略すのを初めて知りました。笑

「おしゃれな3百均」とか、そのまま「3百均」とか言ってたので、ちゃんと名前でこれからは呼びたいと思います。

 

 

【3COINS】スリコのBluetoothイヤホンが神だった

 

【3COINS】スリコのBluetoothイヤホンが神だった

 

形状は2種類

 

  • カナル型(耳に密着タイプ)
  • インナーイヤー型(ふつうのイヤホン)

 

どちらも1050円(税別)

上の写真は購入品のインナーイヤー型です。

一緒に買い物に行った妹はカナル型を購入していました。

性能にあまり差はないので好みで決めてOKだと思います。

 

 

ケース本体のフル充電時間

 

  • カナル型は1時間~2時間
  • インナーイヤー型は1時間

 

 

ケース本体フル充電からイヤホンのフル充電回数

 

ケース自体をフル充電しておくことで、イヤホンをケースに収納すると自動的に充電されます。

 

  • カナル型は5回
  • インナーイヤー型は7回

 

 

連続再生時間

 

  • どちらも5時間

 

体感はもう少し短い?気がします。

連続再生時間は結構重要ですよね。

ちなみにAirPodsも連続再生時間は5時間程度なので、性能的にはまあまあでしょうか。

 

 

イヤホンの操作のボタン形状

 

  • カナル型は押し込む「カチッ」と感
  • インナーイヤー型は手を添えるだけ

 

カナル型は操作時にボタンを押し込むタイプ。

押した感触の「カチッ」と感があるので、誤作動が少ないタイプです。

 

一方で、インナーイヤー型は「タッチセンサー」なので、指で触れるだけでボタンが反応します。

慣れないうちは誤作動が多かったです。

 

 

ノイズキャンセリング(マイク性能)

 

  • カナル型は高め
  • インナーイヤー型は普通
 
どちらも試しましたが、そこまで性能に差はないかな…?程度でした。

よくよく言われてみれば、インナーイヤー型のほうが周辺音を拾い気味でガサガサとうるさい感じです。

けれど、全く気にならない程度なので、通話も問題なしでした。

 

 

スリコイヤホンの総評

 

【3COINS】スリコのBluetoothイヤホンが神だった

 

3COINS(スリーコインス)のBluetoothワイヤレスイヤホンのメリットとデメリットです。

オススメできるポイントと、気になる点をまとめました。

 

  • iPhone付属のイヤホンが好きな人・満足してる人
  • 音質のこだわりがない人
  • いちばんフラット(良くも悪くも普通の音)が好きな人

 

  • 音質重視の人には合わないかも
  • ケースなどやはり安っぽい感は否めない
  • インナーイヤー型はミスして触って音がストップする時がある
  • 充電がMicroUSBでひと昔前のもの
  • Bluetoothの繋がった時の音がビビる
  • 「接続されました」などしゃべらない
  • 充電が少なくなってもお知らせしてくれない
  • AirPodsの先端の銀色部分がないのでわかる人にはわかる

 

 

ズラッとスリコのBluetoothワイヤレスヤホンについて紹介してみました。

充電器がちょっと引っ掛かるぐらいで、あとは全く問題なく使える最高のイヤホンでした!

 

以前はネックバンド(イヤホンが紐でつながっているもの)を使っていいました。

今回のは単独行動して行方不明にならないかor落とさないか心配でしたが、意外と安定感もあり、また安いのでなくしてもダメージが少なくビシバシ使えそうです。

 

また、片方だけ充電はできないとほかのレビューに書いてありましたが、私はできました。

イヤホンの電源を片方だけオフ(切りたい方のイヤホン本体ボタンを長押し)で片方は充電、もう片方で聞くのもOKです。

 

 

まとめ

久々にこんなに安いのに大満足した商品でした。

もっと早くに買っていれば…!とも思います。

リンゴのマークのは高いし…でも耳からうどん出てるのカッコイイな…と遠い目で見ていましたが、これで私も耳うどんで颯爽とリモートワークに望めそうです。

 

おわりに、現在駅やホームでの線路への落とし物1位がこの独立タイプのBluetoothワイヤレスイヤホンらしいです。

小さい本体ですので、駅員の方もマジックハンドで拾うのにかなりて手こずるようです。

安いし、落としたら買いなおせばいいや!と言っても物を大切にするのと、落ちそうな使い方や場面ではすこし押さえるなど、マナーを守って使いましょう!