【根本治療】アトピーを治すためにファスティングをしてみた結果

こんにちは、るうさんです。

人生でまさか自分がアトピーになるとは。

 

いままで何事も問題なく、たまにニキビや吹き出物がでるくらいだった。

しかし、とんでもないアトピーになり、顔はパンパン。

目は腫れてお岩さん状態。

かゆくて毎日寝られず、掻き壊すことでストレスになり、また浸出液でカピカピで痛い。

 

そんな毎日をここ半年ほど、送っております。

そこで、効果があった「断食(ファスティング)」について、ご紹介します!

 

 

【根本治療】アトピーを治すためにファスティングをしてみた結果

【根本治療】アトピーを治すためにファスティングをしてみた結果

アトピー治療の「ファスティング」と、その効果とは?

ファスティングとは「断食」のことです。

現代では、基本的に1日3食が当たり前ですが、はっきり言って「食べすぎ」です。

 

1935年、国立栄養研究所の佐伯矩医学博士が1日3食を提唱したことが始まりですが、その後、戦争に負け、 GHQの政策に従い3食が採用されました。

しかし、それ以前は2食または1食が普通だったのです。

また時を同じくして、洋食文化、パン、小麦なども輸入されるようにもなりました。

 

ちなみに、アトピー患者が増えだしたのは1950年頃からであり、3食食べることや、洋食中心の食事内容は日本人にとって、無害な人もいる反面、敏感な人たちには猛毒となるのです。

そのため、一旦「食事を休憩する」、断食に着目しました。

 

やってみた結果、かなり回復に向かっている実感を得られています!

 

アトピーは体の中に「毒素」が溜まった状態で、それが排出されず、緊急用脱出口として、体の16%を占める皮膚から排出=アトピー(炎症やかゆみ)になるとも言われています。

 

油物、小麦、砂糖はアトピーに良くないとされているのは、腸内環境を壊す=毒素を取り込みやすいためであるので、一旦腸をフラットな状態にするファスティングが効果的です。

 

リーキーガット(腸壁が壊されている状態)になれば元に戻すのにかなりの時間がかかるようで……そのためにもアトピーに悩まれているなら早めにファスティングや食事改善に着目すべきだと筆者は思っています。

 

 

アトピー改善ファスティングのやり方

断食の期間は、1日としました。

 

筆者はそこまで意思が強くはありません!

それに元々食べることが大好きで、大食いタイプの人間です。

初めから3日断食する!なんて出来そうにないので、とりあえず1日プチ断食から始めました。

 

1日目断食、2日目はサラダ・納豆の1食、3日目断食、4日目はサラダ・納豆のようにプチ断食を繰り返していく「粗食」のような感じで取り組んでいます。

 

  • 水(ミネラルウォーター)
  • 水+レモン汁+重曹
  • ルイボスティー
  • 紅茶
  • 紅茶+生姜+はちみつ

 

これだけを飲むだけ。

特に水は1日2リットル飲むのを心がけて、代謝を上げて毒素を(尿・便)として出しやすくするとアトピーの回復度も早まります。

 

このとき、水は水道水は絶対に飲まないようにしましょう。

時代的に水道水の普及とともにアレルギーやアトピーが増えていった背景を考えると、残留塩素や水道に含まれる微量な金属もアトピーを悪化させる要因でもあるからです。

 

水だけだと飽きてしまうので、アレルギー予防やリラックス効果のある紅茶やルイボスティーを生姜とはちみつトッピングで飲むのも気分転換にオススメです。

いつも飲んでいる紅茶と、無農薬のはちみつはこれです。

 

 

ファスティングを初めて1週間、体調の変化は?

これまで半年ほどアトピーと付き合ってきて、はじめは表面(皮膚)に薬を付ける、保湿する、などの対処療法しかしていませんでしたが、調べてるうちに原因は体内にあることが分かり始めました。

 

結果は、アトピーが目に見える速度でかなり良くなっているということ。

まだまだ完治まではほど遠いものの、かゆさがましになり、掻き壊しも減っています。

 

始めは落屑が大量に出来て、皮膚が再生をめっちゃ頑張っているな……。という感じ。

毎日布団や部屋の掃除は欠かせないほど、落屑が半端なく、いまでも落屑はあるものの、綺麗な皮膚が増えてきました。

 

ファスティングとともに食事療法、入浴(脱塩素のシャワーヘッドを買いました)、半身浴、重曹、クエン酸、運動を始めたので、今後が楽しみで仕方ありません。

 

 

筆者のアトピー歴

【根本治療】アトピーを治すためにファスティングをしてみた結果

30歳まで一般的な肌荒れはするものの至って普通のお肌。

アレルギーは多少の犬猫、ハウスダストのみで、普通に生活していれば何もない健康体。

 

以前の職業が7年間水商売だったため、肌ケアは入念に。

また毎日お酒やお肉、高級料理、油物などを食べても問題なく過ごしていました。

そして水商売を辞めて、昼間の職業に就いて約1年ほどたった2021年9月よりアトピーに。

 

2021年8月ごろより首に湿疹ができて、一時収まったものの悪化して首、あご、おでこ、鎖骨にアトピーが広がる。

そのまま良くなったり悪くなったりを繰り返し、背中、腕、足にまでアトピーが出るように。そして、現在に至ります。

関連記事

 るうさんこんばんは、るうさんです。 小さいころはアトピーが酷く、夏場は腕やひざの裏がボロボロでした。その当時、おばあちゃんが塩を風呂場に持ち込んで塩風呂をした思い出がふとよみが[…]

関連記事

こんばんは、るうさんです。謎の湿疹に見舞われ、早半年ほど。 日に日によくはなっているものの、なんかイマイチ。そこで、使ってよかったティーツリーオイルを紹介します。  […]

 

 

筆者のアトピーの原因とは?

個人的に思い当たる節を説明します。

みなさんには当てはまらないことが多いと思いますが、今後、筆者のようなアトピーで悩む人がひとりでも少なくなってほしいです。

 

  • 仕事を変えたストレス
  • 当時の彼氏の食生活に寄せた(洋食中心)
  • ファストフードをよく食べた
  • 甘いものをよく食べた(それまでは甘いもの苦手でした)
  • ピル(ミニピル)の服用を始めた

 

原因はこれだと思っています。

 

ピルはホルモンのバランスで、誰でも持っているカンジダ菌(日和見菌)が大増殖して腸内環境の悪化=リーキーガット(腸壁破壊=毒素を吸収しやすくなる)ので、ピルで肌がきれいになる場合もありますが、少しでも異変を感じたらすぐに服用を中止しましょう。

筆者は妊娠を望んでいなかったので(きちんと順番を守りたかった)、「おかしいな」の心の声に耳を貸しませんでした。

 

また、食生活も疎かになっていたので、保存料や添加物をたくさん取ってしまっていたのも原因でもあります。

特に、砂糖はすこしでも摂取すると、依存状態に陥りやすいので注意が必要です。

肌に出ない体質でも、今後年を経てから糖尿やほかの生活習慣病になりやすいです。

 

 

まとめ

【根本治療】アトピーを治すためにファスティングをしてみた結果

1日だけのプチ・ファスティングでも、アトピーの改善に効果がありました。

ファスティングと同時に普段の食事も見直し、粗食にすることでアトピー以外でもたくさんの効果があります。

 

節約、健康にもなって、一石◯鳥も!

 

今後はアトピーだからこそ取り入れたい食事や、食べてはいけない食事、普段行っている入浴方法などを更新していきます。