勉強中の音楽はデメリットだらけ【すぐにスイッチOFF!】

メンタル・心

こんばんは、るうさんです。

勉強中、テンションを上げるためにBGMを流していませんか?YouTubeには「作業用」など、数時間流せるBGMやライブ配信BGMチャンネルもたくさんあって便利ですよね。

そこで、今回は絶対にBGMを聞いて勉強してはいけない理由と、逆にBGMを聞いてOKなシーンを紹介します。


スポンサーリンク

勉強中の音楽はデメリットだらけ【すぐにスイッチOFF!】

エビデンスとしては、和歌山大学教育学部と、福島大学での研究結果論文でも「勉強中のBGMは悪影響しかない」と発表されています。

また、ランカスター大学、セントラルランカシャー大学、イェヴレ大学の研究でも「BGMなしと、図書館のノイズは影響はないが、BGMは悪影響がある」と発表しています。


理由としては「音楽やBGMを聴くことで脳への負担が増してしまい勉強の効率が下がるから」です。


BGMの効果と、聞く派の人は?

BGM自体には勉強中は全く持って無意味に近いですが、BGMは「気分を上げてくれる」役割もあります。

それによって普段は聞いてるほうが集中できるし、無駄と言われようが聞いていたほうが自分には合っていると思っている人もいると思います。


それは「BGMを聞いてることによって気分がノッっているだけ」なので、まったく勉強には悪影響なので、はやくBGMを切ってくださいね。


BGMや音楽をいつ聞けば効率的なのか?

ずばり、勉強前です!

先ほども話した通りで、BGM自体には勉強中は全く持って無意味に近いですが、BGMは「気分を上げてくれる」役割もあります。

勉強前に音楽やBGMを聴いてテンションを上げて、キリのいいところで終わる。

それから少しストレッチやコーヒーを飲んだり、自分にあったスイッチの切り替えをして机に向かうのが一番効率がいい勉強法です。

他は休憩中にちょっと聴くなど、ポイント使いもOKです!


それでもBGMを聞きたい…!

それでもやっぱりBGMや音楽が聴きたい…!

全くの無音は寂しすぎる…そんなあなたには「環境音」のBGMをオススメします。


環境音とは、自然の鳥のさえずり、川の流れる音、人のザワザワ音など、YouTubeでは環境音BGMもたくさんあるので自分のすきなものをチョイスできるのでオススメです。


また、東大生の約8割がリビング学習をしている統計結果もあり、まったくの無音よりも生活音や図書館のノイズがあるのもいいかもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

勉強中の音楽はデメリットだらけのまとめです。

  • BGMや音楽を聴くのは脳に負荷がかかるのでNG
  • 作業効率や勉強には悪影響しかない
  • 寂しい時は環境音BGMやリビング学習で対応する
  • 休憩中にだけ好きな音楽を聴く

いままでの勉強法を変えてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました