【認知症】どんな病気?予防やチェック方法まとめ

メンタル・心

こんにちは、るうさんです。

「認知症」について詳しく分かりやすく説明します。日本の高齢者人口3,588万人(2019)と超高齢化社会では切っても切れない病気です。正しい知識と予防やチェック方法をためし、初期段階で気づくことが認知症予防の最前線です。

るうさん
るうさん

紹介するのはこんなこと

  • 認知症とは
  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体認知症
  • 前頭側頭型認知症
  • 予防法とチェック方法
  • 過去に経験した認知症の家族との体験

スポンサーリンク

認知症とはどんな病気?予防やチェック方法

まず認知症とは

認知症とは病名ではなく、特定の症状や状態のことです。

  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体認知症
  • 脳血管性認知症

この3つが認知症のタイプとしてあります。

  • 一度得た認知機能が持続的に低下している状態
  • 認知機能の障害によって、日常生活に支障をきたしている状態

チェック方法

私がいろいろ探した中で、無料で一番良かったと思うチェックサイトがあります。そこをご紹介させていただきます。「会員登録せずにチェック」を選択してテストを受けてください。(別窓)

認知機能チェック | 認知症ねっと
ひろかわクリニック院長広川慶裕先生の監修のもと開発した認知症&MCIの簡易セルフチェックです。認知機能はトレーニングにより鍛えることができます。認知機能の低下を早期に発見し、正しく予防することで、低下した認知機能の回復が見込めます。
スポンサーリンク

アルツハイマー型認知症

  • 認知症症状の60%~70%
  • 日本では現在300万人以上
  • 大部分は65歳以上に発病
  • 4~5%ほどは若年性アルツハイマー病
  • アミロイドβタンパクが脳内にたまるのが原因

アルツハイマー型の初期症状

  • 記憶を思い出せない・覚えられない
  • 今の年月日などが分からなくなる
  • 聞く・話す・読む・書くが困難になる
  • 物や品物を判別する能力が下がる

アルツハイマー型の治療方法

  • 進行を止めたり、回復する治療方法はない。
  • ドネペジル」の投薬治療が主になる。(初期から軽度のみ)

アルツハイマー型の原因

  • アミロイドβタンパクが脳内にたまるのが原因
  • 加齢
  • 糖尿病・高血圧
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 過度の飲酒
  • 若年性は遺伝の可能性が高い

アルツハイマー型の予防法

  • ウォーキングや軽いジョギング
  • 30分程度の運動を週3~4回
  • 良い睡眠をとる
  • 30分程度の昼寝
  • アメリカのワシントン大学の研究グループによると、睡眠効率が悪い人は最大で5倍以上も初期のアルツハイマー病になる可能性があると発表されています。
  • 喫煙と過度の飲酒習慣が重なった場合、海外の研究報告では脳の認知機能の低下が36%も早まると報告されています。

レビー小体型認知症

  • αシヌクレインという特殊なたんぱく質が脳内にたまる
  • パーキンソン病と基本的には同じ疾患
  • 運動症状が主であればパーキンソン病
  • 認知症症状が主として出現すればレビー小体型認知症
  • 男性の方が女性より約2倍多い

レビー小体型認知症の初期症状

  • 抑うつ、気分の落ち込み
  • いきなり興奮したり精神状態が大きく変動する
  • 嗅覚異常・便秘などの自律神経症状
  • 転びやすくなる
  • 手足がしびれる

レビー小体型認知症の治療法

  • 「ドネペジル」の投薬治療が主になる。

レビー小体型認知症の原因

  • αシヌクレインという特殊なたんぱく質(遺伝性)
  • 加齢
  • 性格的に生真面目・几帳面
  • いきなり発症する

いまだにはっきりと原因は判明していない。

レビー小体型認知症の予防法

  • 原因が不明なため予防が難しい。
  • ほかの認知症と同じく、生活習慣や運動習慣が大切。

脳血管性認知症

  • 脳の血管が詰まる(脳梗塞)
  • 脳の血管が破れる(脳出血)
  • 後遺症として進行する
  • 60代以上の男性に多い

脳のダメージを受けた部分が人それぞれ違うために、部分的に症状が出る。

  • 記憶障害はあるが、物を認識できる能力はある、など。

突然なってしまうので、原因や初期症状は割愛します。

日本における脳梗塞の患者数は約150万人で、毎年約50万人が発症しています

脳血管性認知症の予防

繰り返しになりますが…

  • 食生活・運動習慣が大切です。

まとめ

三大認知症と呼ばれる有名な認知症の症状をご紹介しました。

やはり

  • 食生活
  • 運動習慣
  • 規則正しい生活

が大切になるようです。

分かってはいても、気を付けていても発症しますし、まったく真逆の生活でも発症しない人もいます。なんにせよ「初期症状に気づく」のが一番の予防ではないでしょうか。

初期なら薬である程度進行を遅らせることができます。


大切な家族や自分自身を守るために、早めに気づける力をつけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました