【退職代行】仕事をバックレた場合は何がヤバイ?プロバックレが解説【即ヤメ】

こんばんは、るうさんです。

仕事を辞めたい。

 

  • 何とか頑張っているが先が見えない
  • 今日からはもう会社に行きたくない
  • 何かと辞めさせてもらえない
  • 「辞める」と伝える勇気がない
  • もう疲れた…

 

13回バックレてきた”プロバックレ”の筆者が、バックレのヤバさを解説します。

 

 

仕事をバックレたらどうなる?

恥ずかしながら、今までのバイト・正社員・派遣の仕事、15社のうち13社をバックレしてきた筆者。

ちなみに、残りの2社はその店が”閉店”するという理由のみ。

最低な人間ですが、”プロバックレ”としてお答えします。

 

結論、バックレは後々面倒だぞ。

 

”プロバックレ”の筆者から言うと、退職代行サービスを使ったほうがいいと思います。

 

\即仕事辞める!!/

 

 

バックレが面倒な理由5つ

理由は、5つ。

 

  • やり取りが必要なときがある
  • 緊急連絡先に連絡が行く
  • 同僚・上司が家に来る
  • 給料が入らない
  • 辞めた会社・店舗の近くが気まずい

 

やり取りが必要

バックレて無視を決め込むのもいいですが、その後のやり取りなど、多少は関わりを持たなければならない場合もあります。

主に、借りていた制服や備品を返したり、書類のやり取りなど。

プロバックレの筆者は、すべて郵送で済ませますが、結構面倒なんですよね。

ちなみに返却せずに放置すると訴えられたり、罰金を請求される可能性もあります。

 

緊急連絡先に連絡される

筆者はフル無視を決め込んでいたので、緊急連絡先にしていた”親”へ連絡が行き、それもまた面倒なことになりました。

親からはうるさく言われるわ、会社からの電話もうるさいわ。

メンタルやられてるのに、何倍も面倒なことが波のようにやってきます。

 

同僚・上司が家に来る

事故かアクシデント!?、まさか自ら命を…と、思われるので、普通に家にやってきます。

実はというか、筆者は、ある日バックレるまで、意外と真面目に働きます。

で、ある日突然「あ、無理。辞める」となるので、意外と心配されることが多いです。

自己中心的ですが、こっちはもう”冷めてる”ので、家にこられても面倒なんですよね。

 

給料が入らない

バックレしても、会社はバックレるまでの給料を支払う義務があります。

しかし、あまり払われたことはありません。

バックレた13社のうち、支払われたのは2社のみでした。

バックレてる手前、指摘する度胸もないですし…。

 

辞めた会社・店舗の近くが気まずい

辞めて早々だと、普通に気まずいですし、ヒヤヒヤします。

また、辞めた会社近くの飲食店は、昼休憩時は避けるように…。

自分で自分自身の行動範囲を狭めてるのですが、バックレて数年~5年以上経ったら、普通にバックレた店舗に買い物しに行くときもあります。

 

 

退職代行サービスを使ってもいいの?

結論、全然いい。

 

面倒な理由が5つもあるように、バックレするのはオススメできません。

なので、本当に『すぐにでも辞めたい!』と、心も体が悲鳴を上げるときは『退職代行サービス』を使いましょう

 

  • 人間関係
  • パワハラ・セクハラ
  • 苦手な仕事
  • 給料や待遇面
  • メンタルが持たない

 

など。

 

使っちゃダメとか、迷惑かなとか、気にしなくていいです。

あなたを幸せにしてくれるのは、あなたしかいません。

そのあなたが潰れるくらいなら、すぐに辞めましょう。

頑張っても病気になったら意味がありません。

 

ただし、筆者のような常習者は反省しましょう。

本当にすいません…。

 

無言でバックレるより、退職代行サービスを通して辞めるルートのほうが、断然マシです。

 

 

退職代行サービス「即ヤメ」

「即ヤメ」は、24時間体制で受け付けている退職代行サービスです。

依頼を受けてから最短10分以内に会社側に連絡を行うため、最短即日で退職可能です。

 

料金は一律、28,000円。

審査はありますが、完全後払い制になっているので、現時点で手元にお金がなくても安心です。

退職届の提出や貸与品の返却、会社との連絡もすべて代行してくれます。

 

なので、完全に”その日”から、関わりを絶つことができるのが「即ヤメ」のメリットです。

 

\即仕事辞める!!/

 

 

退職に関する法律

法律的には退職日の2週間前までに「退職意思」を伝えれば退職できる決まりがあります。

 

会社によっては「2か月前」や「1か月前」など、規定がある場合がほとんどですよね。

しかし、民法の「2週間前の予告」は強行法規です。

なので、就業規則で2週間を超える予告期間が決まっていても、その部分は”無効”とされます。

 

だけど、円満に~…と考えてると、なかなか辞め時ってないですよね。

 

 

まとめ

バックレは最低だとか、責任感がない、と思われがちですが、体もメンタルもボロボロの時って、これしか最終手段がなかったりするんですよね。

まだ、”何か行動したい…”と、思考できている分、自分の防衛本能が働いてる証拠だと思います。

底の底までいって、自ら命を…となるよりは、退職代行サービスを賢く使い、今後に目を向けるべきです。

 

\即仕事辞める!!/

 

▽このブログのWPテーマ