Logicoolのメカニカルキーボード感想レビュー【青軸】

レビュー・感想

こんばんは、るうさんです。

今回購入したLogicool(ロジクール)メカニカルキーボド青軸K835GPBの使用感と感想レビューです。

るうさん
るうさん

この記事では

  • メカニカルキーボードとは
  • 軸について
  • 購入品K835GPBの感想・レビュー

について解説します。

結論を先に言うと、やっぱり青軸メカニカルキーボードめっちゃいい!

無線ではなく有線キーボードではあるものの、試し買いできる金額でこの爽快感はコスパ◎です!


スポンサーリンク

メカニカルキーボードとは?

メカニカルキーボードとは、押し込むスイッチが独立した構造になっているキーボードのことです。

  • 故障した部分だけを交換できる
  • メンテナンスが簡単
  • タイピングがしやすい
  • タイプミスも少なくなる
  • 打鍵感が気持ちいい
  • モチベがあがる

など、初期費用はかかりますが、メリットたくさんのキーボードです!

普段からPCをよく使うユーザーなら一度は使っていただきたいですね。


軸ってどれがいいの?青、赤、茶ってなに?

軸(じく)の種類はたくさんあります。

主な軸に青軸、赤軸、茶軸とあり、そのほかには白軸、黒軸、緑軸などなどがあります。

  • 押したときの感触
  • キーの重さ
  • キーの反発力
  • カチカチ音の大きさ

などが全く違います。

こればかりは実際に触ってみて確かめるのが確実ですが…メカニカルキーボードといえば「青軸」とも言われています。しかし、爽快感とともに打撃音も相当なので注意が必要です。

また大阪に住んでいる人なら、日本橋にある「シリコンハウス 共立電子産業」さんで、すべての軸を試し打ちできるのでオススメです!


青軸の詳細

  • 音が大きいが聞き心地が良い
  • 軸のクリック感(カチッ)の爽快感が抜群
  • 軸を押した時の軽さも◎


スポンサーリンク

LogicoolメカニカルキーボードK835GPB

  • 破格の安さ!!
  • 気持ちい音とクリック感
  • アルミニウムボディ
  • 5,000万回のキーストロークに耐える耐久性
  • 自然なタイピングポジション
  • 4°または8°で本体の角度を調整可能
  • 重さ650 g
  • 白色とグレーの2色展開
  • 爆音(場合により騒音対策必須)
  • 有線なのでUSBハブが必要な場合もあり
  • テンキーレスで好みによる
  • web会議などマイクを使う場合はNG

爆音だけど気持ちいいい~!!!

結構な音がします。

住んでいる部屋の環境にもよりますが、筆者が友人に頼んで音チェックを行ったところ、窓を閉めていれば一人暮らしのワンルームでも、ベランダ・共用廊下の外への音漏れは確認できませんでした。

ただ、窓を開けていいるとベランダからは多少の「カチカチ音」は漏れます。

一人暮らしなら安心して使える商品だと思いますが、家族がいる家庭や、同棲している場合は家族の同意が必須だと思います。

またリモートワークで活用したい場合は、web会議などの途中で使用する場合はマイクミュートにしたり、打ち込みながら話すのであれば使うのを控えたほうがお互いのためだと思います。もちろん、青軸キーボードを社内では絶対に使ってはいけませんよ!

あの人うるせぇ~wwってなります、絶対に!

それさえクリアできる環境であれば青軸最高です!!!


まとめ

いかがでしたでしょうか。

Logicool(ロジクール)メカニカルキーボド青軸K835GPBの使用感と感想レビューでした。

1万円を切る破格の安さなので、はじめてメカニカルキーボードを使ってみたい人にとってはかなりコスパがいい商品だと思います!

青軸はうるさいと嫌煙されがちですが、是非とも青軸の爽快感を味わってみてください!

タイトルとURLをコピーしました