ビジネスで役立つ心理学、ソーシャルスタイル理論とは?

メンタル・心

こんばんは、るうさんです。

あなたは衝動買いするタイプですか?

それとも、まわりの意見に合わせて少数派を避けますか?

ビジネスでよく使われているソーシャルスタイル理論のカンタンな心理テストを遊び半分で試してみると、めっちゃ面白かったので共有したいとおもいます。

この記事では

  • ソーシャルスタイルとは
  • スタイル別のパターン4つ紹介
  • それぞれへのアプローチの仕方

以上 3点を紹介します!

スポンサーリンク

ソーシャルスタイル理論とは?

ソーシャルスタイル理論とは、相手のココロに刺さるような効果的なコミュニケーションを行うための方法で、多くの企業にも取り入れられていて営業や販売など、人とのコミュニケーションに特化した理論の事です。

そもそもは、1960年にアメリカの産業心理学者デイビット・メルリ氏とロジャー・レイド氏によって提唱されました。

ソーシャルスタイル理論では大まかに4つのスタイルに分類されます。

  • ドライビング(感情を抑えつつ意見を言う)
  • エクスプレッシブ(感情を出して意見も言う)
  • エミアブル(感情を出しつつ意見を聞く)
  • アナリティカル(感情を出さず意見を聞く)

まずは自分のスタイルを把握してみませんか?

こちら


ソーシャルスタイル:ドライビング

迅速・合理的に仕事を進める!

自己主張は強いが感情表現は強くなく、合理的でビジネスライクですこし冷めた性格です。道のりのプロセスより結果を重視し、決断力があるタイプです。

  • 常に冷静で戦略をたてるのが得意
  • 決断力・意思決定が早い
  • 目標達成意識が高い
  • 統率力がある
  • 指示される・回りとペースを合わせるのが苦手
  • 自己主張が強くて周りの意見を聞かない
  • 経営者など上の立場が向いている
  • 相づちは少ない・身振りも少ない
  • 漫画ワンピースではゾロタイプ

ドライビングと話すときは・・・

ごちゃごちゃ言わず結論をズバっと言う!


ソーシャルスタイル:エクスプレッシブ

明るいムードメーカー!

感情表現豊かで、ノリが良くトレンドに敏感で新しいことにも積極的に取り組む人で、周りからの注目されることを好むタイプです。

  • 楽しさ重視!
  • 自分の話が大好き、オープンな性格
  • 注目されたい、バズりたい願望
  • 周囲を巻き込んで楽しくするムードメーカー
  • 直感的な行動が目立つ
  • 意見がコロコロ変わる
  • 気分屋
  • 時間にルーズ
  • 限定・セールに弱い「お得感」がすき
  • 相づちは多い・身振りも多い
  • 漫画ワンピースではルフィー

エクスプレッシブと話すときは・・・

めっちゃ共感して誉める!


ソーシャルスタイル:エミアブル

とりまとめが上手い、気配りの神

周囲の意見に耳を傾け空気を読むのがうまいです。相手の話に耳を傾け、明るく素直でみんなと調和を目指したいタイプです。

  • 聞き上手で親しみやすい
  • 少数派にはなりたくない
  • 他人の意見を参考にして迷う
  • 優柔不断
  • リスクは回避したい
  • 石橋を叩きまくるタイプ
  • 気配り上手、共感力がある
  • 相づちは多い・身振りも多い
  • 漫画ワンピースではチョッパー

エミアブルと話すときは・・・

おだやかな雰囲気を作り話を引き出す!


ソーシャルスタイル:アナリティカル

観察・分析のエキスパート!

感情を表に出さず、一歩引いたところから観察やデータ分析をするのが得意です。

周りには流されず、独自の世界観があります。

  • 冷静沈着
  • マイペース
  • データや情報、エビデンスに基づいて分析
  • 考えて行動するので行動は遅い
  • 一人の時間が必要
  • コツコツ作業が得意
  • 自立心が強い
  • リスクは避ける
  • ネットで情報収集⇨現地でも分析
  • 相づちは少ない・身振りも少ない
  • 漫画ワンピースではロビン

アナリティカルと話すときは・・・

矢継ぎ早に話さず、熟考する間を持つ!


スポンサーリンク

まとめ

あなたは何タイプでしたか?

  • ドライビング(感情を抑えつつ意見を言う)
  • エクスプレッシブ(感情を出して意見も言う)
  • エミアブル(感情を出しつつ意見を聞く)
  • アナリティカル(感情を出さず意見を聞く)

4つを紹介しました。

身近な家族や恋人は何タイプか考えてみるのも楽しいですね。

また相性診断ととらえて紹介している場合もありますが、あくまで「思考パターン」なので重く受け止めず、こういう考え方なんだな~と軽く受け止めましょう!

それでは。

タイトルとURLをコピーしました